財団の概要   賛助会員   賛助会員入会のお願い
   財団概要
   
  公益財団法人 日本交響楽振興財団の設立と経緯
 
 当財団の設立は、1972年、昭和天皇陛下に指揮者小澤征爾氏が当時のわが国の交響楽団の経済的苦境についてお話申し上げたことから始まりました。
 こうした事情を背景に、支援要請を受けた(社)経済団体連合会は、交響楽の普及と交響楽団への支援を目的として設立、翌1973年3月に文部大臣より設立許可を得て正式に発足しました。初代会長には植村甲午郎氏(当時経団連会長)が就任、その後1978年、第2代会長に江戸英雄氏、1997年、第3代会長に福原義春氏、2003年、第4代会長に秋元勇巳氏、そして2010年には第5代会長として原良也氏が就任して、今日に至っております。
 1973年5月、当財団の最初の事業として、日比谷公会堂で新日本フィルハーモニー交響楽団による設立記念演奏会を開催しました。以降、わが国交響管弦楽の振興と更なる普及を図るため、交響楽団等の演奏活動を助成するとともに、すぐれた交響管弦楽を全国の特に若い人々を対象に提供してまいりました。巡回公演、障がいのある方々や高齢の方々を対象とした福祉コンサート、アマチュア・オーケストラの演奏活動支援、音大生で編成されたオーケストラによる中・高生を対象にしたコンサート、小学生を対象にした音楽教育プログラム等の事業活動等を展開しております。 1977年からは、日本の作曲家によるオーケストラ作品の普及向上を目的とした「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会の開催し、「作曲賞」創設とあわせ、わが国のオーケストラ界の芸術創造の発展に貢献しています。
 平成21年3月には、設立35周年記念公演として、指揮者4名が出演した 「マエストロ・ガラ・コンサート」を開催し、各方面からご高評を頂きました。
  平成22(2010)年12月公益財団法人に移行し、名称を「公益財団法人 日本交響楽振興財団」として新たにスタートいたしました。今後も、さらに「音楽芸術を広く人々に」お届けできるように活動してまいります。
   
 
  役員
定款 (PDF)
事業・財務に関する資料
設立 昭和48(1973)年3月30日
  所在地 〒101-0047
東京都千代田区内神田3-9-3
TEL 03-3253-2032 FAX 03-3253-0566
Email: nihon@symphony.or.jp
 
  「国と特に密接な関係がある」公益法人への該当性について(公表)
   
   賛助会員
   団体会員
   法人会員
   賛助会員入会のお願い
    賛助会員入会のお願い >>詳細


 

<< トップページへ戻る

   
  ▲TOP OF THIS PAGE
地方巡回公演| 福祉コンサート| 学生のための学生によるコンサート| アマチュア・オーケストラ支援
作曲の奨励| 刊行物| お問合せ| 財団について| HOME
本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます。
JAPAN SYMPHONY FOUNDATION
. Copyright 2002. All rights reserved.